大阪府立大学 工学域 電気電子系学類 数理システム課程

在学生の声

思いっきり数学をしよう!           福島 洋平(数理システム課程3年)

 私は将来、高校数学の先生になることも考えているので、数学の教員免許が取得できる数理システム課程に進みました。就職の選択肢を増やせるというメリットはもちろんありますが、今まで学んでいた数学を教える立場から見直してみることで、それまで気づけなかった新たな発見があり、数学の知識をより深めることができます。そして数理システムでは数学が好きな仲間と出会えます。数学を学んでいく上で独学も大事ですが、仲間とともに議論することも不可欠だと思っています。また、親しみやすい数学の先生方が多く、直接質問に行っても、疑問点をわかりやすく教えてくれたり、習った定理はどのように応用されていくのか?といった質問にもプロの視点から答えてくれたりします。みなさんも数理システム課程にきて仲間とともに思いっきり数学をしませんか。

社会における数学の役割           宮堺 陽一(大学院博士前期課程1年)

 「数学って何の役に立つの?」多くのみなさんがそう思っていると思いますが、現代社会において数学は多方面に応用されています。例えばインターネット上の情報を守るために暗号が必要ですが、暗号理論は高度な整数論から成り立っています。また保険や金融関係の仕事では、確率・統計学、解析学などの知識が欠かせません。データの処理やセンサーネットワーク、タンパク質などの高分子の解析には代数トポロジー(幾何学)が応用されています。ネットワークではグラフ理論も有効です。数理システム課程では、このような応用数学を基礎から学ぶことができます。数学を専攻することで論理的思考力や本質を見抜く力が自然に身につきます。さらに本学では、社会で数学の素養を持った人が必要であることを重要視し、文系での数学科目の必修化や数学質問受付室の設置など、数学教育に力を入れています。みなさんも応用や純粋理論という枠にとらわれず、数理システム課程で数学を学んでみませんか。

抽象的だけど面白い             坊野 奈波(大学院博士前期課程2年)

 高校時代から数学が好きで、大学で数学をより深く学びたいと思ったので、数理システム課程を選択しました。計算が中心の高校までの数学とは違い、大学で学ぶ数学は、なんとなく分かったつもりで使っていた公式や命題を、厳密な定義から出発して、論理的に証明していきます。はじめは抽象的すぎてフォローするのがやっとでしたが、自分自身でじっくり考えて理解できたときは本当にうれしくなります。高校までは「数学なんて将来使わない!」という人が多かったけれど、数理システム課程では「数学が社会でどのように活用されているのか」もわかりました。現在は符号理論の基礎を学んでいます。みなさんも数理システム課程で楽しく勉強しませんか。

pagetop